バックナンバー

矯正歯科の基本情報

新着情報

矯正歯科にかかる備品代

矯正歯科のワックスにかかる費用

  • トップ

矯正歯科ではワックスを利用する

矯正歯科では、矯正装置が口腔内の粘膜に触れて痛い場合、応急処置として矯正用のワックスを使います。人によっては、ブラケットやワイヤーが歯茎にあたって痛むこともあります。さらに矯正器具を付けたばかりの頃は、ブラケットが唇にあたるという悩みもあります。矯正歯科ではこうした相談を受けることも多く、自分で使用できるようにワックスの購入を勧めています。費用に健康保険は利きません。インプラントと同様、歯列矯正は美容行為と見なされるため、費用は全額自己負担です。また矯正歯科で購入する矯正用ワックスには様々なメーカーがあり、費用も異なってきます。適量を手でちぎってから丸めて使うタイプや、時間が経過すると固体化するシリコンなどもあります。基本的に自分が使いやすいタイプを選びますが、矯正歯科のドクターに相談して症状に合ったタイプを選ぶことが望ましいです。価格は安価なもので100円からありますが、多くが1,000円前後で販売されています。歯列矯正の治療を行なっている歯科クリニックであれば、院内で取り扱っています。また矯正歯科では使い方を教えてくれるので、コツを聞くと良いです。ワックスは通常、歯磨きの後にワイヤーを包むように塗り込みます。

↑PAGE TOP